募集馬近況

2020年3月13日更新情報
No.1 アンビータブル'18
(競走馬名 ロードヴェントス)
父ロードカナロア
牡馬 黒鹿毛 2018年4月15日生
栗東・高野友和厩舎予定
総額:3,300万円 一口出資金:66,000円
プロフィール 
動画 
ロードヴェントスは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は496kg。
・当地スタッフ 「3月3日(火)より坂路コースへ連れ出しています。物凄くグイグイとは言いませんが、最後までしっかりとした手応え。息遣いも悪くないでしょう。初めてのパターンに臨んだばかりの割には動けている感じ。具合を探りながらピッチを速めます」
No.2 タッチアス'18
(競走馬名 ロードエクレール)
父ロードカナロア
牡馬 鹿毛 2018年4月21日生
美浦・斎藤誠厩舎予定
総額:3,500万円 一口出資金:70,000円
プロフィール 
動画 
ロードエクレールは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は481kg。
・当地スタッフ 「先週から屋根の取り付け工事を終えた坂路へ。小規模なポリトラックに比べると動き易いようで、勾配を伸び伸びと駆け登る姿が印象的です。1、2週間は同様のパターンを続け、15-15を始める機会を窺う方針。トータルの底上げを叶えましょう」
No.3 デルフィーノ'18
(競走馬名 ロードドレイク)
父ロードカナロア
牡馬 鹿毛 2018年5月3日生
栗東・松下武士厩舎予定
総額:3,700万円 一口出資金:74,000円
プロフィール 
動画 
ロードドレイクは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は448kg。
・当地スタッフ 「坂路へ入れてからも問題は見当たらず、小柄な割にスイスイと頂上へ。トレッドミルで心肺機能を鍛えていた効果が窺える・・・と乗り手が話しているように、常に余裕を持って駆けています。もうしばらくは同様のメニュー。徐々に負荷を高めましょう」
No.4 レディバラード'18
(競走馬名 ロードトランス)
父ロードカナロア
牡馬 鹿毛 2018年3月21日生
栗東・安田翔伍厩舎予定
総額:3,300万円 一口出資金:66,000円
プロフィール 
動画 
ロードトランスは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は516kg。
・当地スタッフ 「先週から坂路コースを使い始めており、新しいパターンに慣れさせながら少しずつペースを速めている状況です。ハロン17秒ぐらいで走らせた際も抜群の手応え。1、2週間は同じパターンを繰り返し、早期デビューを意識して作って行きたいです」
No.5 キープセイク'18
(競走馬名 シーロンシャン)
父ロードカナロア
牝馬 黒鹿毛 2018年2月4日生
栗東・藤岡健一厩舎予定
総額:2,800万円 一口出資金:56,000円
プロフィール 
動画
シーロンシャンは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は524kg。
・当地スタッフ 「先週前半に坂路コースの利用が解禁。ひとまずは新しい施設に慣れさせている段階です。ハロン17、18秒ペースも交えたものの、物見をしながらの走りで現状は参考外・・・と言った印象。もうしばらくはペースを止めて入念に乗り込むべきでしょう」
No.6 シンメイフジ'18
(競走馬名 ペトログリフ)
父ロードカナロア
牝馬 鹿毛 2018年3月9日生
栗東・高橋義忠厩舎予定
総額:3,300万円 一口出資金:66,000円
プロフィール 
動画 
ペトログリフは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は463kg。
・当地スタッフ 「少し前に登坂をスタート。徐々にピッチを上げており、18-18を切るラップでも駆けています。ただ、現状は新しいコースに戸惑い気味な様子で、キョロキョロと周囲を確認しながらの走り。しっかりと慣れさせてからペースアップを図りましょう」
No.7 スピニングワイルドキャット'18
(競走馬名 フライングバレル)
父ロードカナロア
牝馬 鹿毛 2018年2月23日生
栗東・安田隆行厩舎予定
総額:4,800万円 一口出資金:96,000円
プロフィール 
動画 
フライングバレルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は493kg。
・当地スタッフ 「坂路でも上々の乗り味。キック力、前向きさ共に申し分ありません。今後は速いところでの動きや気性が大事なポイントになりそう。北海道を離れる第一陣には加えないかも知れませんが、早い段階で千葉へ送って夏デビューを狙いたいです」
No.8 パラダイスリッジ'18
(競走馬名 シャスティーナ)
父ロードカナロア
牝馬 鹿毛 2018年2月24日生
栗東・浅見秀一厩舎予定
総額:2,800万円 一口出資金:56,000円
プロフィール 
動画 
シャスティーナは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は497kg。
・当地スタッフ 「ここに来て新たなメニューに着手。事前に考えていたよりも良い手応えで頂上へ辿り着いている他、パワフルなフットワークを披露しています。坂路調教の様子からは芝、ダートを問わない感じ。一息で走るタイプだけに、短距離戦が合うでしょう」
No.9 レディハピネス'18
(競走馬名 レジュールウール)
父ロードカナロア
牝馬 鹿毛 2018年4月21日生
栗東・杉山晴紀厩舎予定
総額:2,800万円 一口出資金:56,000円
プロフィール 
動画 
レジュールウールは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は502kg。
・当地スタッフ 「坂路へ入れてからも計画に沿って日々のトレーニングを消化。ただ、今は新たな施設に慣れておらず、興奮気味で無駄な力みが認められる状況です。物見が解消するまではペースを据え置くつもり。本数をこなす毎に改善が図れると思います」
No.10 ワイルドココ'18
(競走馬名 ヴェルトハイム)
父ロードカナロア
牝馬 黒鹿毛 2018年1月28日生
栗東・友道康夫厩舎予定
総額:4,000万円 一口出資金:80,000円
プロフィール 
動画 
ヴェルトハイムは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は500kg。
・当地スタッフ 「3月を迎えて坂路へ通うように。最初は物見をする姿が目に付いたものの、本数を重ねるに連れて馴染んで来た模様です。元々が非常に優れた素材。今の調教パターンを始めて間もないだけに、少しずつ本来の走りを見せてくれると思います」
No.11 パーフェクトトリビュート'18
(競走馬名 ロードマックス)
父ディープインパクト
牡馬 鹿毛 2018年3月23日生
栗東・藤原英昭厩舎予定
総額:7,200万円 一口出資金:144,000円
プロフィール 
動画 
ロードマックスは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は461kg。
・当地スタッフ 「今までの小規模な馬場より真剣な走り。坂路では併せた相手に負けたくない気持ちを見せ、引っ掛かるぐらいの勢いで駆けています。ここまでピリッとしたのは良い意味で予想外。様子を窺いながらペースアップを図り、早目の移動を考えましょう」
No.12 キャトルフィーユ'18
(競走馬名 ロードプレジール)
父キングカメハメハ
牡馬 黒鹿毛 2018年5月10日生
栗東・中内田充正厩舎予定
総額:5,500万円 一口出資金:110,000円
プロフィール 
動画 
ロードプレジールは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は493kg。
・当地スタッフ 「3月から坂路へ通い始めました。初日こそ戸惑う様子が窺えたものの、2本目以降は学習能力の高さを発揮して改善。元々の質の高い動きに近付いて来ました。育成を手掛ける同期の牡馬の中ではトップランクの評価。更に上向くと思います」
No.13 リラコサージュ'18
(競走馬名 ロードサージュ)
父ダイワメジャー
牡馬 栗毛 2018年4月3日生
栗東・庄野靖志厩舎予定
総額:2,800万円 一口出資金:56,000円
プロフィール 
動画 
ロードサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は479kg。
・当地スタッフ 「少し前から1200mの坂路コースを併用。新たなシチュエーションにまだ慣れておらず、物見をしながらの走りで集中できていません。また、カッとして興奮気味な息遣い。当面は同様のパターンを続け、落ち着いた態度で臨めるように努めましょう」
No.14 リュヌドサーブル'18
(競走馬名 ロードリスペクト)
父キズナ
牡馬 鹿毛 2018年3月1日生
栗東・浅見秀一厩舎予定
総額:3,000万円 一口出資金:60,000円
プロフィール 
動画 
ロードリスペクトは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は512kg。
・当地スタッフ 「坂路コースへ入れ始めてからも順調に運び、ハロン17、18秒ペースのキャンターも交えています。手応え良く勾配を駆けている他、息遣いについても上々。どこまでも走り続けそうな前向きなタイプで、芝、ダートを問わずに活躍してくれそうです」
No.15 ザンスカール'18
(競走馬名 ラスティングボンド)
父キズナ
牝馬 黒鹿毛 2018年2月12日生
美浦・中舘英二厩舎予定
総額:1,900万円 一口出資金:38,000円
プロフィール 
動画 
ラスティングボンドは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は474kg。
・当地スタッフ 「予定通りに3月から坂路コースへ。現状は新しいパターンに馴染んでおらず、物見をしながらフワフワと走っている印象が強いでしょう。と言っても、テンションの上がり易い性格。慣れてしまえば軽快なフットワークでグングン駆け登りそうです」
No.16 キャサリンオブアラゴン'18
(競走馬名 ソレンニータ)
父ドゥラメンテ
牝馬 鹿毛 2018年3月22日生
美浦・木村哲也厩舎予定
総額:2,500万円 一口出資金:50,000円
プロフィール 
動画 
ソレンニータは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は480kg。
・当地スタッフ 「坂路でハロン17、18秒ペースを織り交ぜています。最初は新しい設備に警戒心を覗かせていたとは言え、回数を重ねる毎に慣れて来た感じ。手応えや息遣いに気になる点も認められませんので、同様の調教を繰り返してパワーアップを遂げましょう」
No.17 グラシャスギフト'18
(競走馬名 ソアリングギフト)
父ドゥラメンテ
牝馬 栗毛 2018年1月16日生
栗東・高橋義忠厩舎予定
総額:2,200万円 一口出資金:44,000円
プロフィール 
動画
ソアリングギフトは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は510kg。
・当地スタッフ 「ここに来て全長1200mの坂路を併用する形。コンパクトなポリトラックとは異なり、伸び伸びと小気味良いフットワークを繰り出しています。現在は18-18で新しいメニューに慣れさせる状況。様子を窺いつつ、スピード調教へ移行する予定です」
No.18 レディルージュ'18
(競走馬名 ソノラメンテ)
父ドゥラメンテ
牝馬 栗毛 2018年2月20日生
栗東・松下武士厩舎予定
総額:2,200万円 一口出資金:44,000円
プロフィール 
動画 
ソノラメンテは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は492kg。
・当地スタッフ 「身体の使い方が上手くなって来た・・・と言うのが、ここ最近のポリトラックで跨った際の率直な感想。着実な前進が叶っている印象です。一方、3月より取り入れた坂路調教には不慣れ。本数を重ねるに連れて集中力を増すのは間違いないと思います」
No.19 サッカーマム'18
(競走馬名 ティフォーザ)
父モーリス
牝馬 鹿毛 2018年3月26日生
栗東・安田隆行厩舎予定
総額:2,500万円 一口出資金:50,000円
プロフィール 
動画 
ティフォーザは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は463kg。
・当地スタッフ 「計画に沿って坂路コースの利用をスタート。馬場見せを経て少しずつピッチを速め、現在はハロン17、18秒ペースのキャンターも行なっています。新たな施設に対し、最初の頃は慎重な姿勢で戸惑い気味。でも、何度か通うに連れて慣れ始めました」
No.21 オーシュペール'18
(競走馬名 ロードシュトローム)
父マクフィ
牡馬 鹿毛 2018年4月7日生
栗東・清水久詞厩舎予定
総額:2,300万円 一口出資金:46,000円
プロフィール 
動画 
ロードシュトロームは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は510kg。
・当地スタッフ 「新しいトレーニングに着手。今のところはスムーズな移行が叶っている印象です。トモにパワーがまだ備わり切っていない為、前の掻き込みが勝る感じ。十分に能力を発揮できるように、鍛えてバランスの取れた動きを身に付けようと思います」
No.22 ハワイアンアイ'18
(競走馬名 ロードウォルトン)
父リーチザクラウン
牡馬 鹿毛 2018年3月3日生
美浦・菊川正達厩舎予定
総額:800万円 一口出資金:16,000円
プロフィール 
動画 
ロードウォルトンは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は490kg。
・当地スタッフ 「坂路へ連れ出してからも順調です。新しいコースで最初は物見をする馬が多い中、堂々とした立ち振る舞い。常に冷静な態度でスイスイと頂上へ到達しています。思っていたよりも動けている感じ。この先はトモの強化を念頭に置いて鍛えましょう」
No.23 ルアンジュ'18
(競走馬名 ロードエルピス)
父マジェスティックウォリアー
牡馬 鹿毛 2018年3月12日生
栗東・西浦勝一厩舎予定
総額:2,300万円 一口出資金:46,000円
プロフィール 
動画 
ロードエルピスは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は522kg。
・当地スタッフ 「3月上旬に坂路へ連れ出し、ハロン17、18秒ペースを無難に消化。従来のポリトラックとトレッドミルを併用しつつ、一層の前進を叶えるのみでしょう。速いところを始めても楽に対応してくれそう。そのぐらいの抜群な手応えで悠々駆けています」
No.26 ティアーモ'18
(競走馬名 チャペルレーン)
父ヘニーヒューズ
牝馬 黒鹿毛 2018年3月21日生
美浦・尾形和幸厩舎予定
総額:1,500万円 一口出資金:30,000円
プロフィール 
動画 
チャペルレーンは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は481kg。
・当地スタッフ 「コンパクトなポリトラックは窮屈だったのかも。坂路へ通い始めてから動きの良さが目立ち始め、全長1200mのコースを楽に駆け登っています。もう1、2週間は同様のパターンを継続。気になる点が浮かばなければ、ペースアップを図りましょう」
No.27 フレンチトウショウ'18
(競走馬名 ロードバイファル)
父シニスターミニスター
牡馬 栗毛 2018年4月20日生
美浦・斎藤誠厩舎予定
総額:1,600万円 一口出資金:32,000円
プロフィール 
動画 
ロードバイファルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は540kg。
・当地スタッフ 「ここに来て新たなトレーニングに着手。初日から未体験のシチュエーションに戸惑う様子は窺えず、スムーズな走りで駆け登っています。現在は定期的にハロン17、18秒ペースを交える形。日々の気配を探りつつ、更に負荷を高める方針です」
No.28 カラダダイヤモンド'18
(競走馬名 ロードカラット)
父ラブリーデイ
牡馬 鹿毛 2018年2月18日生
美浦・菊川正達厩舎予定
総額:1,900万円 一口出資金:38,000円
プロフィール 
動画 
ロードカラットは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は502kg。
・当地スタッフ 「新たなパターンを取り入れてからも気になる部分は浮かばず、計画に沿って日々のメニューに臨めているのは何よりでしょう。坂路の方が楽に動けている印象で余裕を持って対応。今の流れを上手く保ちつつ、速いところを織り交ぜて行きたいです」
No.30 キモンオレンジ'18
(競走馬名 ロードレイライン)
父ストロングリターン
牡馬 鹿毛 2018年3月6日生
美浦・稲垣幸雄厩舎予定
総額:1,100万円 一口出資金:22,000円
プロフィール 
動画 
ロードレイラインは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は496kg。
・当地スタッフ 「先週から坂路コースへ通い始め、ハロン17、18秒のキャンターを交える形。勾配を登る際の息遣いも問題ありません。課題はトモの強化。今は前だけで駆けているだけに、鍛え込んで連動性が増せば更にスムーズな走りを見せられるでしょう」
No.31 コンフォータブル'18
(競走馬名 ロードミッドナイト)
父カレンブラックヒル
牡馬 黒鹿毛 2018年2月21日生
美浦・田中博康厩舎予定
総額:1,100万円 一口出資金:22,000円
プロフィール 
動画 
ロードミッドナイトは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2400~3000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・並脚600m→ダク1000m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は544kg。
・当地スタッフ 「坂路コースへ通い始めてからも疲れた素振りは無し。スムーズな移行が叶っていると思います。トモの強化が現状のテーマに挙がる部分。この先もポリトラックとトレッドミルを併用しつつ、15-15を織り交ぜるタイミングを慎重に探りましょう」