ブーケコサージュBouquet Corsage

服に付ける小さな花飾り

生年月日 2019年4月4日 性別 牝馬
ロードカナロア 毛色 黒鹿毛
リラコサージュ 産地 新ひだか産
厩舎 栗東・安田翔伍厩舎予定 総額 2,800万円
戦績 (0.0.0.0) クラス 未入厩
最新情報
  • 2021.05.28ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「一定の頻度でビシビシと攻めた場合、飼い葉食いが落ちてしまう部分が今の課題。そのような経緯を踏まえ、メニューに幅を持たせています。成長を促すと同時に鍛錬を重ねるのみ。ハードトレーニングを続けても耐え得る身体を作って行きましょう」
  • 2021.05.14ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。4月下旬測定の馬体重は429kg。
    ・当地スタッフ 「秋華賞(GⅠ)3着の経歴が光る母。初仔である半兄ロードサージュが堂々と勝ち上がるなど、能力の高さが確かに受け継がれている印象です。良化の余地を残す現状ながら、本馬も活躍する下地を十分に備える印象。順調に強目の稽古を積んでいます」
  • 2021.04.30ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「日々のコンディションを確かめつつ、定期的に13-13も消化しています。少し前に速いところを交えた際、完成度の高い同期に手応えで見劣ったのは想定の範囲内。もっとガムシャラさが出れば・・・と考えており、この先も慌てずに育てて行きたいです」
  • 2021.04.15ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~18秒ペース)。3月下旬測定の馬体重は436kg。
    ・当地スタッフ 「430kg台で小柄な印象は変わないまま。でも、長いスパンで考えれば心身の成長を遂げ、競走馬らしい姿に変わって来ました。ハロン13秒程度まで伸ばすパターンも消化。1周800mのトラックでは手前の替え方やコーナリングについて学んでいます」
  • 2021.03.30ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~18秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「疲労が生じた右トモは治療の効果が得られた感じ。日々のコンディションを慎重に探りつつ、再び14-14を交えています。また、気温の上昇と共にもうすぐ本格的にダートが使えるように。来月からはインターバルトレーニングを取り入れる方針です」
  • 2021.03.15ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン16~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は438kg。
    ・当地スタッフ 「右トモに若干の疲れが認められた為、この中間にケアの一環で筋肉注射を打っています。従って、速いところを自重する格好。様子を見ながら改めて強い負荷を掛けましょう。徐々にしっかりして来そうなタイプ。現状は早期の移動を考えていません」
  • 2021.02.26ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン14~18秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「ハロン14秒レベルを行なった後に餌食いが幾らか遅くなりますが、そのような面は成長と共に少しずつ改善されるはずです。乗り味自体は悪くないだけに、コツコツ鍛えて走りが大きくなれば・・・と言った印象。焦らずにパワーアップを叶えましょう」
  • 2021.02.15ブーケコサージュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン14~18秒ペース)。1月下旬測定の馬体重は428kg。
    ・当地スタッフ 「一時的に飼い葉が細かったものの、サプリを与えた効果が得られて随分改善。コンスタントに15-15を交えつつ、徐々に内面も強くなっていると思います。更にピッチを速めても対応。どの位置に構えても余裕を持って動けるように変わって来ました」
  • 2021.01.29リラコサージュ'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~18秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「引き続き、週1回の割合でハロン15秒ペースを消化するパターン。活躍の舞台はマイル前後と考えており、芝、ダート双方に対応できそうです。コンパクトな外見に加え、現状はまだしっかりしていないのも確か。この先もコツコツと鍛錬に励みます」
  • 2021.01.15リラコサージュ'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~18秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は428kg。
    ・当地スタッフ 「日々の稽古をキッチリこなしつつ、馬体重が増えて来た点に好感。今はコンスタントに15-15を交えているだけに、尚更評価できる部分だと思います。育ち方がゆっくりな印象。積極的に攻めて疲れが出れば適度に休みを挟むスタイルで進めましょう」
  • 2020.12.15リラコサージュ'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン16~18秒ペース)。11月下旬測定の馬体重は424kg。
    ・当地スタッフ 「直近も420kg台を示す通り、小柄な外見は変わらないままです。現在はトレッドミルを使って強い負荷を掛けている他、ハロン16秒で駆け登る調教も冷静にこなす形。どちらかと言えば成長は緩やかで、ジワジワ良化を遂げるタイプかも知れません」
  • 2020.11.16リラコサージュ'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「9月末に馴致を終えた後、1周250mのポリトラックで基礎的な動きを習得。坂路へ入れてからも計画に沿ってメニューに打ち込めているのは何よりです。1歳のこの時期なりにまだ幼い印象。でも、跨った感触や走りの質はなかなか良いと思います」
    ※次回は12月15日(火)に更新予定です。