ロードイモータルLord Immortal

冠名+永久の

生年月日 2020年3月17日 性別 牡馬
ロードカナロア 毛色 鹿毛
キャプテンガール 産地 日高産
厩舎 美浦・和田勇介厩舎予定 総額 3,500万円
戦績 (0.0.0.0) クラス 未入厩
最新情報
  • 2022.05.14ロードイモータルは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。5月12日(木)に三石・ケイアイファームより移動しました。4月下旬測定の馬体重は524kg。
    ・当地スタッフ 「ハロン13秒台に踏み込んだ後もフットワークは良好。飼い葉をいつも残さず食べており、身体が減る様子は窺えません。ここ最近の充実振りを高く評価。5月11日(水)に千葉の分場へ向けて送り出し、予定通りに到着・・・との連絡が入っています(三石・ケイアイファーム)」
  • 2022.04.30ロードイモータルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「14-14を続けても疲れた素振りは窺えず、ダートでのコーナリングにも無難に対応しています。2、3ヶ月前と比べて逞しさが増した印象。千葉へ向かう同期も増えているものの、本馬についてはもう少し成長を遂げてからの移動になるでしょう」
  • 2022.04.15ロードイモータルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~20秒ペース)。3月下旬測定の馬体重は520kg。
    ・当地スタッフ 「背腰の状態は安定。コンスタントにハロン16、17秒台を消化できた為、この中間から負荷を高めています。一旦、楽をさせたことでフレッシュさに溢れた感じ。トラックコースでのトレーニングにも無難に対応しており、特に課題は浮かんでいません」
  • 2022.03.30ロードイモータルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン16~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「ケアを重ねて来たことでコンディションは着実に上昇。疲れを見せた2月半ば頃と比べ、背中やトモの具合は改善が図れているでしょう。騎乗も再開しており、段階を踏んでペースを上げている状況。溌剌とした動きで励む姿には好感が持てます」
  • 2022.03.15ロードイモータルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク500m→キャンター2500m。2月下旬測定の馬体重は512kg。
    ・当地スタッフ 「トレッドミル中心の内容を継続。ペースアップや傾斜を付けると言った工夫で、調教のレベルを上げています。十分な運動量をこなしており、そろそろ跨っても良さそう。緩んだ印象は受けず、坂路に入れてもスムーズに対応できるでしょう」
  • 2022.02.28ロードイモータルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク500m→キャンター2500m。
    ・当地スタッフ 「騎乗メニューの再開には至っていないものの、腰やトモに窺えた疲れは少しずつ取り除けて来た印象です。飼い葉をバクバク食べており、体調面で特に気になる点は無し。引き続き、日々の様子を見ながら改めて負荷を高めるタイミングを探ります」
  • 2022.02.15ロードイモータルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク500m→キャンター2500m。1月下旬測定の馬体重は496kg。
    ・当地スタッフ 「ハロン14秒レベルへ踏み込もうと考えていた矢先、両側の腰からトモの部分に疲労感が漂い始めました。無理を避けて騎乗メニューを見合わせ、現在はトレッドミルのキャンターまでにセーブ。筋肉注射やショックウェーブのケアを続けましょう」
  • 2022.01.29キャプテンガール'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「現2歳世代は早い段階から坂路2本のメニューを採用。その効果も手伝って、本馬も少しずつトモにパワーが備わっている感触です。春に掛けて更に変わりそう。今のところは順風満帆に運んでおり、来月からのペースアップが視野に入っています」
  • 2022.01.14キャプテンガール'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は485kg。
    ・当地スタッフ 「計画に沿って15-15を繰り返す通り、年末年始も疲れた素振りが認められないままです。また、現状はまだまだ成長の余地を残すとは言え、ここに来て段々と逞しさを増している印象。早期デビュータイプとは異なり、徐々に力を付けると思います」
  • 2021.12.15キャプテンガール'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2000~2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。11月下旬測定の馬体重は487kg。
    ・当地スタッフ 「ハロン15秒程度も消化。今のトレーニングへ移ってからも順調そのもので、悠々と駆け登っています。マイルから1800mぐらいの距離で本領を発揮するはず。1歳馬らしくトモがまだ緩いだけに、その点のパワーアップを念頭に乗り込みたいです」
    ※2022年1月より毎月15日、30日に定期更新を行ないます。
  • 2021.11.16キャプテンガール'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2000~2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「初期馴致を終えたのは7月下旬です。セレクションセール後、こちらへやって来た頃は華奢なイメージ。でも、月日が流れるに連れて期待通りの成長を遂げ、見違える程に馬体が良くなりました。扱い易い性格。芝・ダート共にこなせると思います」
    ※次回は12月15日(水)に更新予定です。