イネフェイブルIneffable

言葉では表せない

生年月日 2020年4月20日 性別 牝馬
ヴィクトワールピサ 毛色 鹿毛
タッチアス 産地 浦河産
厩舎 栗東・茶木太樹厩舎予定 総額 1,400万円
戦績 (0.0.0.0) クラス 未入厩
最新情報
  • 2022.05.14イネフェイブルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~20秒ペース)。4月下旬測定の馬体重は442kg。
    ・当地スタッフ 「少し前に更に伸ばすパターンも交える形。スムーズにギアチェンジができていた他、最後まで手応え感触も非常に良かった様子です。最近の上昇ぶりを高く評価し、次に千葉の分場へ運ぼうと考えている1頭。輸送に備えて健康管理を徹底します」
  • 2022.04.30イネフェイブルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「心身に目立った問題点が浮かばず、週1回の割合でハロン15秒レベルを消化しています。トレーニングの感触を伝える騎乗者のトーンが上がるなど、乗り込み量の積み重ねが確かな進歩に繋がっている印象。この調子で頑強な土台を築きたいです」
  • 2022.04.15イネフェイブルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。3月下旬測定の馬体重は442kg。
    ・当地スタッフ 「4月に入ってからも順調に運んでおり、一定の頻度で15-15を繰り返すパターンに対応できています。今のスピードでは普通に動く他、脚元や背腰に不安を覚えるポイントも無し。身体がまだ変わりそうなだけに、この先も焦らずに育てる方針です」
  • 2022.03.30イネフェイブルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「この中間も計画に沿ってハロン15秒ペースをこなす形。最初の頃に比べると序盤の行きっぷりが持続するように変わるなど、確かな進歩が感じられるのは何よりでしょう。と言っても、良化の余地も十分な印象。丁寧に完成へ導くべきだと思います」
  • 2022.03.15イネフェイブルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は448kg。
    ・当地スタッフ 「15-15を試し始めてからもクタッとした雰囲気が特に窺えず、理想的なステップアップが叶ったと思います。走りに注目すると、現状はマズマズの勢いで登坂。どちらかと言えばゆっくり育っているタイプでもあり、もう少しは慣れが必要でしょう」
  • 2022.02.28イネフェイブルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「ハロン17、18秒程度をコンスタントにこなす形。成長曲線が緩やかな点を踏まえると、やはり2歳戦から能力をフルに発揮するイメージとは異なります。でも、キラリと光るモノを持つのも確か。丁寧に磨きを掛ければ期待に応えてくれるはずです」
  • 2022.02.15イネフェイブルは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。1月下旬測定の馬体重は456kg。
    ・当地スタッフ 「2月を迎えてからも目立った問題は認められず、18-18レベルのキャンターを入念に消化しています。心身共に現状は幼さを残すだけに、どちらかと言えば段々と力を付けるタイプかも。脚元についてはスッキリ見せており、健康面も大丈夫です」
  • 2022.01.29タッチアス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「ハロン17、18秒ペースを繰り返しながら良化を遂げている状況です。半兄ロードエクレールがオープン入りを果たしたことで、本馬に対する注目度も俄然アップ。背中の感触は悪くありませんので、これからの成長次第では面白い1頭だと思います」
  • 2022.01.14タッチアス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は443kg。
    ・当地スタッフ 「ここまではホームランこそ出ていないものの、母はJRAで勝利を挙げる産駒を送り続ける堅実性に長けた繁殖牝馬。この2歳も水準以上の力を秘める印象です。元々がピリピリする面を持つ気性。鍛えても無駄にテンションは高くなっていません」
  • 2021.12.15タッチアス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2000~2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。11月下旬測定の馬体重は440kg。
    ・当地スタッフ 「ハロン18秒のトレーニングに加え、トレッドミルでもしっかり汗を流す内容。今のところは疲れた素振りが窺えず、与えた分量の飼い葉を平らげているのは何よりです。なかなかの乗り味。どの場面でも従順で、操縦性に優れる部分も評価できます」
    ※2022年1月より毎月15日、30日に定期更新を行ないます。
  • 2021.11.16タッチアス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2000~2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「馴致を行なったのは9月上旬。全姉スカイシアターに比べて少し小さい反面、本馬の方が幅があります。体高に見合った身体の作りで、バランスが整っている印象。半兄ロードエクレールに似たイメージを持っており、1600~2000mが合いそうです」
    ※次回は12月15日(水)に更新予定です。