ロードアラビアンLord Arabian

冠名+アラビアの

生年月日 2019年3月12日 性別 牡馬
サトノアラジン 毛色 鹿毛
フェイズシフト 産地 新ひだか産
厩舎 栗東・四位洋文厩舎予定 総額 3,000万円
戦績 (0.0.0.0) クラス 未入厩
最新情報
  • 2021.03.30ロードアラビアンは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2500~3500m。
    ・当地スタッフ 「右前脚球節に関しては今も落ち着いたまま。獣医師のアドバイスに従って調教に取り組み、トレッドミル主体のパターンで入念に汗を流しています。少し前に質、量共に内容を見直す流れ。坂路コースへ連れ出すタイミングを慌てずに検討しましょう」
  • 2021.03.15ロードアラビアンは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000m。2月下旬測定の馬体重は494kg。
    ・当地スタッフ 「すっかり回復を遂げており、捻挫を起こした右前脚球節については大丈夫です。ただ、疲労の蓄積に因って腫れが生じた可能性も考えられるだけに、大事を取ってメニューを据え置く形。慎重に様子を探りつつ、徐々に元のトレーニングへ近付けます」
  • 2021.02.26ロードアラビアンは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000m。
    ・当地スタッフ 「順調に14-14を行なっていたものの、先週末に右前脚球節を捻挫。すぐに腫れが引いた為、ポリトラックとトレッドミルで軽く汗を流しています。程良いリフレッシュ期間を取れた・・・と前向きに捉えて良さそう。具合に応じて登坂を再開しましょう」
  • 2021.02.15ロードアラビアンは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン14~18秒ペース)。1月下旬測定の馬体重は486kg。
    ・当地スタッフ 「月日が流れて段々と競走馬らしい身体付きに。タフなトレーニングに励み、必要な箇所に筋肉も備わりつつあります。最近はビシッと攻めると飼い葉食いが細くなる様子も。積極的に進めて来た部分も踏まえ、どこかで小休止を挟むかも知れません」
  • 2021.01.29フェイズシフト'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン14~18秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「余計なことを一切しない真面目な性格。更なるペースアップに対応できている他、この時期としてはハードな稽古を積んでも目立った反動は生じていません。乗り込むに連れてマイル前後のダートが合いそうな印象を持つように。順調そのものです」
  • 2021.01.15フェイズシフト'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1600~2000m(1ハロン22~25秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~18秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は491kg。
    ・当地スタッフ 「ハロン15秒レベルを始めてからもスムーズ。疲れた様子が窺えない他、与えた分量の飼い葉を平らげています。ただ、成長途上で馬体に芯が入っておらず、本当に良くなるのはまだ先のイメージ。同様のパターンを繰り返しつつ、じっくり育てましょう」
  • 2020.12.15フェイズシフト'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク1500m→キャンター2000~3000mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン16~18秒ペース)。11月下旬測定の馬体重は497kg。
    ・当地スタッフ 「兎にも角にも冷静。周囲の挙動に左右されずに構えられるハートの強さは長所です。ペースアップ後も順調に運ぶ一方、走ることへの理解が深まっていない面も。その点を上手に教え込めば、持ち前のパワフルなフットワークに磨きが掛かると思います」
  • 2020.11.16フェイズシフト'19は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「こちらへ移ってからも問題は認められず、9月上旬に馴致を済ませる形。現在はハロン18秒ペースまで進んでいます。非常に馬っぷりの良いタイプ。芝、ダートの適性はまだ分かりませんが、距離についてはそれなりに融通が利きそうなイメージです」
    ※次回は12月15日(火)に更新予定です。