シブーストChiboust

フランス発祥のケーキ名

生年月日 2020年4月25日 性別 牝馬
ロードカナロア 毛色 鹿毛
パステラリア 産地 新ひだか産
厩舎 栗東・高野友和厩舎予定 総額 2,000万円
戦績 (0.0.0.0) クラス 未入厩
最新情報
  • 2022.05.14シブーストは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。4月下旬測定の馬体重は512kg。
    ・当地スタッフ 「計画に沿ってハロン15秒レベルを継続する形。現行のペースに対応できている一方、走りにまだメリハリが感じられない部分が課題でしょう。なかなかの素質を秘めており、道中にじっくりと溜められるように変われば楽しみ。鍛え込むのみです」
  • 2022.04.30シブーストは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「心身共にネガティブな点が生じないまま。積極的なスタンスで15-15を繰り返しつつ、少しずつ走りに安定感が備わって来ました。とは言え、先に千葉へ送ったグループに比べると途上なのも確か。コツコツと稽古に励み、レベルアップを叶えます」
  • 2022.04.15シブーストは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。3月下旬測定の馬体重は510kg。
    ・当地スタッフ 「4月に入ってからも定期的にハロン15秒ペースを消化。立派な身体に育った一方でまだしっかりしていませんので、当面は北海道に置いたまま丹念に乗り込みます。今は1周800mのトラックも併用。新たなトレーニングで心肺機能を鍛えましょう」
  • 2022.03.30シブーストは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「日々のコンディションと相談しつつ、週1回の割合で15-15を繰り返す形。現在のパターンにも徐々に慣れて来たようで、始めた当初に比べれば行きっぷりが良くなりました。この先はダートの調教も織り交ぜる予定。丁寧に段階を踏みたいです」
  • 2022.03.15シブーストは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は491kg。
    ・当地スタッフ 「少し前にハロン15秒ペースを取り入れてからも、今のところは特別な反動が生じないままです。本数を積むに連れて更に変わるのは間違いありませんが、ひとまずは及第点を与えられるフットワークで登坂。引き続き、精神面は落ち着いています」
  • 2022.02.28シブーストは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「この2週間も与えられたトレーニングを無難にこなしており、運動量に比例して心肺機能の向上が叶っている印象。なかなか良い雰囲気が漂っています。もうしばらくは同様のパターンを続ける方針。入念に乗り重ね、土台をしっかり固めましょう」
  • 2022.02.15シブーストは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。1月下旬測定の馬体重は482kg。
    ・当地スタッフ 「480kgを超える大きな身体の持ち主とは言え、中身についてはまだまだ変わる余地を残しています。このまま入念に乗り込みながら成長を促せば、各パーツの十分な発達が見込めそう。ハロン17、18秒ペースを消化する現状は特に疲れていません」
  • 2022.01.29パステラリア'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「1月下旬も18-18を丹念に繰り返しています。適度にピリッとした面が窺えるタイプながら、騎乗者の指示に従順。スムーズなギアチェンジが叶っているでしょう。乗り続けても餌を残していない点も評価できる部分。土台が整いつつある印象です」
  • 2022.01.14パステラリア'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は472kg。
    ・当地スタッフ 「炎症の認められた口の中は元通りの綺麗な状態。12月下旬にトレッドミルで動かし始めた後、改めて人間を背に迎えてからも順調です。今は他の牝馬と同じハロン17、18秒ペースのキャンターを消化。次の段階へ移るタイミングを慎重に見極めます」
  • 2021.12.15パステラリア'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。11月下旬測定の馬体重は482kg。
    ・当地スタッフ 「無難に普通キャンターを繰り返していたものの、ここに来て口内炎の症状を確認。馬自身も少し気に掛ける素振りを見せていた為、大事を取ってトレーニングを休ませています。調教の再開時期は未定。丁度良い骨休めと捉えて無理は避けましょう」
    ※2022年1月より毎月15日、30日に定期更新を行ないます。
  • 2021.11.16パステラリア'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2000~2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「初期馴致を行なったのは9月上旬。牝馬の中で最も早いグループでした。立派な馬格に見合ったストライドの大きな走り。綺麗なトビが実に印象的です。この牝系らしい気の強さが窺えるものの、今のところは許容範囲。操縦性に支障はありません」
    ※次回は12月15日(水)に更新予定です。