スノーファンタジーSnow Fantasy

本馬の伯母名の一部+本馬の牝系より

生年月日 2020年4月20日 性別 牝馬
ジャスタウェイ 毛色 黒鹿毛
レジデンス 産地 新ひだか産
厩舎 栗東・安田翔伍厩舎予定 総額 2,000万円
戦績 (0.0.0.0) クラス 未入厩
最新情報
  • 2022.05.14スノーファンタジーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~20秒ペース)。4月下旬測定の馬体重は479kg。
    ・当地スタッフ 「この中間はハロン14、15秒ペースも積極的に取り入れるパターン。なかなかの手応えで勾配を駆け上がるなど、暖かい気候へ変わると共に徐々に良化を遂げている印象です。千葉へ移すタイミングについては未定。もうしばらくは慎重に様子を探ります」
  • 2022.04.30スノーファンタジーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「基本的には18-18レベルがメインでも、意図的にトレッドミルのみにセーブする場合も。毎日の様子を慎重に探りながらメニューを組んでいます。同期が徐々に本州へ向かう状況。でも、本馬についてはまだ手元に置いたまま成長を促す方針です」
  • 2022.04.15スノーファンタジーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。3月下旬測定の馬体重は488kg。
    ・当地スタッフ 「1周800mのダートの利用も開始。日によって周回方向を変更しつつ、今までより広いトラックで左右のコーナリングを学びましょう。また、坂路ではハロン17、18秒ペースを丹念に繰り返す形。乗り込むと歩様が硬くなる点に注意を払っています」
  • 2022.03.30スノーファンタジーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「コンスタントに普通キャンターを消化。着実に状態アップが叶っている印象を受けるなど、なかなか良い雰囲気が漂っています。このまま今の流れを保てるようであれば、そろそろ次のステップへ踏み込めそう。慎重にタイミングを探りたいです」
  • 2022.03.15スノーファンタジーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。2月下旬測定の馬体重は475kg。
    ・当地スタッフ 「すっかり復調した感じ。跨り始めてからも心身に気掛かりなポイントは浮かばず、今は坂路でハロン17、18秒ペースのトレーニングをこなす状況です。当面は入念に乗り込みを重ね、楽をさせた分のブランクを埋めるべき。焦らずに負荷を高めます」
  • 2022.02.28スノーファンタジーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク500m→キャンター2500m。
    ・当地スタッフ 「この2週間も騎乗調教を見合わせているとは言え、キャンターの速度は少しずつ上げています。獣医師の意見を参考に取り組み、もうしばらくは同様のパターンを繰り返す方針。疲れが抜けて来るなど、馬自身に活気が戻りつつあるのは確かです」
  • 2022.02.15スノーファンタジーは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・ダク500m→キャンター2500m。1月下旬測定の馬体重は460kg。
    ・当地スタッフ 「ここに来てコズミが出た為、一時的にトレーニングに制限を加える形。と言っても、完全には休ませておらず、トレッドミルでは相応に動かしています。あくまでも馬自身の状態を優先するのが大事。しっかりと疲労を取り除き、立て直しましょう」
  • 2022.01.29レジデンス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「乗り続けても煩い素振りを覗かせていない部分に好感。どの場所でも従順で、手を煩わせるシーンは皆無です。走りに目を向けると脚捌きが少し硬い印象を受けるだけに、芝よりもダートが合いそう。今のメニューにはスムーズに対応できています」
  • 2022.01.14レジデンス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は454kg。
    ・当地スタッフ 「ハロン17、18秒ペースを繰り返す現在のトレーニングは余裕。勾配をスイスイと駆け登って行く姿が印象的です。稽古を積み重ねてもテンションが上がりそうな気配が窺えず、常に落ち着いた態度で取り組む真面目なタイプ。土台が整って来ました」
  • 2021.12.15レジデンス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2000~2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。11月下旬測定の馬体重は452kg。
    ・当地スタッフ 「計画通りに18-18のメニューを繰り返す格好。今のパターンにはすっかり慣れており、乗り込み量に比例して体力も備わりつつある感触です。ターフとダートのどちらにも対応できそう。従順で扱い易い部分については良い意味で変わっていません」
    ※2022年1月より毎月15日、30日に定期更新を行ないます。
  • 2021.11.16レジデンス'20は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2000~2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「9月中旬に馴致を行なった後、ポリトラックで基本動作を習得。現在はハロン18秒ペースを消化しています。どこかにスイッチを持っていそうな印象ながら、基本的には落ち着いた気性。順調に進むようであれば、早期デビューを意識できそうです」
    ※次回は12月15日(水)に更新予定です。