ロードフィアレスLord Fearless

冠名+大胆、勇敢な

生年月日 2022年5月12日 性別 牡馬
ロードカナロア 毛色 鹿毛
パステラリア 産地 新ひだか産
厩舎 美浦・蛯名正義厩舎予定 総額 3,300万円
戦績 (0.0.0.0) クラス 未入厩
最新情報
  • 2024.03.30ロードフィアレスは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン14~20秒ペース)。3月中旬測定の馬体重は483kg。
    ・当地スタッフ 「調教の負荷を高めても難無く頂上へ。その点は事前に考えていた通りで、本数を積み重ねられそうです。以前との比較では心身共に確かな成長が感じられるものの、低酸素トレッドミルも使いながら更に鍛えたいところ。北海道に置いておきます」
  • 2024.03.15ロードフィアレスは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「一定の頻度でハロン15秒ペースを消化するなど、つつがなく日々のメニューに汗を流しています。夏からフル稼働するイメージとは異なり、基本的にはじっくり乗り込んで才能を伸ばしたい馬。もうしばらくは同様のパターンを繰り返しましょう」
  • 2024.02.29パステラリア'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。2月中旬測定の馬体重は478kg。
    ・当地スタッフ 「この中間も与えられた課題を淡々とこなしています。今のトレーニングを始めた当初との比較では、動き、息遣い共に良化を遂げているのは確か。ただ、より強い負荷を掛けるのはまだ早い印象で、成長を促しながらレベルアップを叶えたいです」
  • 2024.02.15パステラリア'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「2月に入ってからもネガティブな変化が認められないまま。軽快なフットワークで1200mの勾配を駆け登る姿は頼もしい限りです。日々の具合を探りつつ、一定の頻度で15-15を消化。このままトータルの底上げを叶える育成方針で大丈夫でしょう」
  • 2024.01.31パステラリア'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。1月中旬測定の馬体重は480kg。
    ・当地スタッフ 「ハロン16秒ペースを繰り返しても疲れを溜め込んだ様子が無し。先週からワンランク上のトレーニングを取り入れました。どのメニューも当たり前にこなすイメージ。現状の課題を強いて挙げるとすれば、もっと集中力が欲しい部分だと思います」
  • 2024.01.15パステラリア'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン16~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「併せ馬の先頭で堂々とした走り。操縦性がとてもスムーズで、精神的にも十分な余裕が感じられます。祖母レディパステルの現役時代の主戦だった蛯名正義調教師が管理予定。とても楽しみにして頂いており、こちらもしっかり作り込みたいです」
  • 2023.12.18パステラリア'22は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはトレッドミル・ダク500m→キャンター2500mもしくはウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン17~20秒ペース)。
    ・当地スタッフ 「少しピリッとした面を持っていた兄姉に比べ、落ち着いた雰囲気が漂う点は好材料です。調教を進めても人間に対して従順で、特に癖が認められないまま。ある程度は距離の融通が利くと踏んでおり、マイルから中距離戦が活躍の舞台だと思います」